FC2ブログ

幸運の使者

2013.07.22.13:40

 お久しぶりです。工事部の真央です。

先日、久しぶりに篠山市に行ってきました。今まで建てていただいた方の点検です。

H様邸で幸運の使者を発見

<つばめの巣

写真が少し暗いのですが、換気フードの上に、ツバメの巣があるのがわかりますか。

私が近くにいると、親鳥が巣に帰れない様子だったので退散しましたが、

なんだかいいものを発見して うれしい気持ちになりました。



スポンサーサイト



竣工いたしました 2

2013.05.17.21:48

お久しぶりです。

今回も竣工させていただいた現場のご紹介をさせていただきますね。

家を新築する際に、気になるのは水回りですよね

まずは、ユニットバスからご紹介。

H邸UB

こちらは、クリナップさんの「はいろ」という商品になりますが、

浴槽をオプションで人工大理石の半身浴浴槽に変更されています。

クリナップさんといえば、ステンレスのイメージですが、

人工大理石も、アクリストンというもので、衝撃に強く、また2層構造になっているため、

美しさも長持ちする優れものです。

また、こちらのユニットバスは 壁面・天井・床面 そして浴槽もすべて 保温パネルが標準仕様。

お父さんが夜遅くなっても、お湯の温度を長時間キープ。電気代もお得です

最近のお風呂は、フルオートタイプが多いので、とても便利ですが、

長時間にわたると、温度が下がる度に沸かし直すので、もったいなく感じることも、、、。

そんなときにも安心ですよね。

また、溝が浅い足ピタフロアや、洗いにくいガラリ部分が外せるお手入れ簡単ドアなど、

お手入れもらくらく。いつまでもきれいなままで使いたいですよね。

また、暖かさを保つサンドイッチパネルは、

厚みも十分にあるため 下地なしで手すりなどの取り付けが出来ます。

あとから、「手すりをつけたいな」と思っても 「下地がないので、、、」ってお断りさせていただくことも結構あるんです。

でも、将来、手すりがどこに欲しいかなんて、わからないですよね。

あとから、どこにでも取り付け出来るって安心ですよね。

すべりにくい足ぴたフロアや浴槽の立ち上がり時につかめるフランジなど、安全にも十分配慮されていますよ



竣工いたしました

2013.04.05.20:13

こんばんは & お久しぶりです。工事部の真央です。

約1か月ぶりの更新は 新しく竣工しましたH様邸のご紹介です。

まずは、21.5帖の広々としたLDKです。

T邸 リビング

全体を白でまとめた内装の中に、奥のきれいなグリーンが背景の緑とあいまって爽やかさを演出しています。

フローリングは住友林業クレストのハイパーフロアシストSのクルミホワイト色。

傷がつきにくく、ワックスフリーの優れものです。

優しい白さと、木目の効果により、埃やごみの目立ちにくい人気の色です。

続いてはキッチンをご紹介。

T邸 キッチン

先日、工場見学をご報告させていただいた、クリナップさんのラクエラです。

オールスライド収納で、足元のキャビネットにも2Lのペットボトルが入る大容量

お手入れしやすいレンジフードやIHクッキングヒーター、食洗機と 

奥様の使いやすさにもばっちり配慮

シンク上の吊戸棚を取り付けず、広々とした視界を確保。お子様にも十に目が届きます。


「クリナップといえばステンレス」という方もいらっしゃると思いますが、

こちらのアクリストンという人工大理石もすごく良いんですよ。

従来の人工大理石よりも、衝撃や薬剤に強く、変色もしにくいんです。

また、美しさも長持ち!

あ~あ。私の家も変えたくなってきたよ~。


東日本大震災から2年、、、、。

2013.03.11.19:33

先日、クリナップさんの工場見学のことをご報告させていただいたのですが、

その時のお話を、番外編で少しだけ、、、。

途中では、沿岸部の被災地域を見る機会がありました。

          被災地1

バスの運転手さんや、観光会社の社長さんの、心のこもった説明と、

テレビでしか見ることのなかった風景の現実に圧倒される思いでした。

阪神淡路大震災を経験したこともあり、解っているつもりになっていたけれど、

なにも解っていなかったんだな。と思いました。

今回見学させていただいたクリナップさんの工場は、福島県いわき市にあります。

本社は東京にありますが、創業者の方がこちらのご出身のようで、東日本大震災の前は

ほとんどの生産を いわき市にある工場群でおこなっていらっしゃいました。

震災では、大きな被害を受けられ、一か月余りの操業停止を余儀なくされたようです。

また、宿泊した「スパリゾートハワイアン」も、大きな被害を受けられました。

どちらの施設も、常磐炭鉱の縮小による、地域の雇用確保のために設立されたようで、

クリナップさんの工場見学の際にも、地元への思いと、地域に根付いた印象をうけました。

また、バス移動中にスパリゾートハワイアンズの 震災以降再開までの道のりをDVDで見ました。

いまはどちらの施設に伺っても、そのような影をみることはありませんでしたが、

お話をうかがった後では、表面に現れない、皆さんの苦労と強さを感じました。

大震災から2年を経た今日、もう一度、被災地の様子に心を寄せたいと思うとともに、

震災で亡くなられた方々の ご冥福をお祈りします。

クリナップさんの工場見学

2013.02.28.22:30

こんにちは。工事部の真央です。

福島県いわき市にあるクリナップさんの工場見学に行ってきました。

クリナップ工場


キッチンやユニットバスの組立工場って みなさんは どんな所を想像しますか。

オートメーションで大きな機械が並んでいるところですか。

ベルトコンベアーで色々なものが流れていくところでしょうか。

私は、機械でオートメーションで次々と流れていくところを想像していたのですが、

思いのほか アナログな雰囲気でした。

工場の中は写真撮影がNGだったので、私のつたない日本語で全部をお伝えすることは難しいと思いますが、

工場見学の様子を何度かにわけて ご報告したいと思います。

まず、最初はキッチンの組立て工場から。

私は 様々な大きさのキャビネットが沢山ストックされていて、

その中からオーダーに合うものを選んで組み立てていくのかなと思っていたのですが、

クリナップさんでは、お客様からのオーダーがある度に、お客様の納期に合わせて、

キャビネットも扉も、ワークトップも作られるのです。

また、作業も意外と人の手によるところが多く、皆さんの息もぴったりです。

工場で働いている皆さんも、真面目で丁寧な作業を続けていらっしゃいます。

間違いが無いよう、検査もきちんと人の手で行われています。

お客様一人一人のオーダー品という感じがしますよね。

システムキッチンと言葉も クリナップさんが最初に作ったのですって。

工場の皆さんの 自社に対する誇りと物づくりに対する熱意が伝わる工場見学でした。

ユニットバスの工場見学の様子は、また、改めて報告します。

それでは、また、、、、。
 




プロフィール

アリーフホーム

Author:アリーフホーム
北摂の住宅メーカーアリーフホーム~arelief-home~です。
建て替え・新築・リフォーム、改修工事など住宅に関わる工事を安心価格でご提供しています。
個性豊かなスタッフの日常を是非ご覧ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR